フランチャイズを利用すればすぐにコンビニの店長になれる

女の人

主体は患者であり地域

先生

今病院に求められること

医療機関の経営は年々厳しくなっています。患者の数は多くなっているのですが、国からの補助不足や人件費の高騰、設備費の高騰などが要因となり経営を圧迫しているのです。大病院でも経営が困難に陥るケースが多くなっているのです。医療の現場は医療に対するプロの集団ですが、経営のプロが少ないのも要因です。事務局が主に経営を回しますが、医師との力関係を見ると医師のほうが強いのが一般的です。したがって必要な機材の導入などに対して事務局が文句を言えない環境にもなっているのです。医療の経営を立て直すためには抜本的な改善が必要になります。そのためコンサルティングを利用するケースも多くなっています。収支の計画と実態を照合させ第三者の目で改善活動を勧告し、実現させるのが主な方法です。医療機関ではコンサルティングの需要は確実に伸びています。入院期間が短くなるような医療が多く、手術費用などの高額な医療を次々に行わないと経営が困難になるようなことから脱却しなければならないのです。コンサルティングが目指すのは健全な経営です。病院は営利である事ながらも公共性を持った場所でもあります。そのため、一方的な営利主体の経営では、長続きしないのです。結果、患者を選んだり、治療内容を変更したりせざるを得なくなっているのです。コンサルティングをいれつつ地域の住民に頼りにされる機関であることが病院に求められる内容になっているのです。上手く経営を行なっていくためにも、経営につついてわからない点などはコンサルティングに相談するのもよいでしょう。